日本伝道福音教団 新潟聖書教会

新潟聖書教会 ブログ

 11月半ばまでしか面会できないということが分かったので、今までより短い間隔で訪問しました。月曜日の午前中のせいかもしれませんが、閑散としている待合室には、待っている人たちが複数いました。手続きをした後、ここで受付番号が呼ばれるまで待つことになります。
 
            刑務所3
               金属探知機のゲートをくぐると面会室になります

 面会室で待つと、Mさんが屈託の無い笑顔で現れました。今は、特にする事がないので聖書を読んで手紙を書いていると話してくれました。

 今日は、なるべく長い時間聖書の話をしようと思いました。ルカの福音書からキリストの十字架を語りました。Mさんは、天国も地獄もよく分からないし、自分が天国に行けるかも分からないけれど、今のまま、キリストを信じていれば行けると思うと話してくれました。そして、良いことをすれば、天国にいけるし、悪いことをしたら地獄に行くだろうと話してくれました。
 キリストの十字架刑には三本の十字架が立てられ、同時に二人の強盗に死刑が執行されたこと。そして、その一人は十字架上で回心し、天国に行ったことを伝えました。
 回心しても良いことをして挽回するチャンスが無かった強盗も天国に行ったこと。そして、Mさんには罪を償ってから挽回するチャンスが残されていることを一緒に考えました。

 今日は、話が長引いて時間切れになってしまいました。また、時間を作って可能な限り面会に出かけたいと思います。

スポンサーサイト