日本伝道福音教団 新潟聖書教会

新潟聖書教会 ブログ

 KGKの夏期学校での奉仕中でしたが、数時間、抜け出す許可を頂いて金沢刑務所に面会に向かいました。夏期学校の会場と刑務所が近距離にあり、面会が可能になりました。
 Mさんは、5月と6月にトラブルを起こして懲罰となり、7月は面会がかないませんでした。8月に入り、気持ちを入れかえて落ち着いているとの手紙を受け取りました。久しぶりの面会となりましたが、この時期に訪ねることを手紙で伝えていたので、本当に心待ちにしていた様子でした。
 できれば、懲罰を受けずに出所することを目指していた私としては、とても残念でやるせない思いを持っていましたが、Mさんは、このことで自分の弱さや、立ち直ることが決して簡単なことではない現実を身を持って知ることができたとプラスに捉えていたことに驚きました。
 数か月前は、仮出所の事がうまくいかずに、いら立っていましたが、きちんと刑期を全うする覚悟で受刑生活を送りたいと話してくれました。
 もちろん、今後の受刑生活や出所後の生活には不安があります。そして、この交わりがどこまで、どのように続いていくのかもわかりません。ただ、私もMさんも何か光が見えたような気持ちを持つことができました。
 夏の終わりの清々しい空気を感じながら刑務所を後にしました。

      夕空
       少し早い夏の終わりの夕空が広がっていました