日本伝道福音教団 新潟聖書教会

新潟聖書教会 ブログ

 東京のミッションスクール・玉川聖学院のJキャンプで奉仕させていただきました。学院長の安藤先生とは、かつて同労者として学生伝道の現場でご一緒させていただき、そのつながりもあったと思いますが、私にとっては、思いがけない、初めての仕事でした。

       Jcamp.jpg
     ミッションスクールのキャンプで奉仕させていただきました

 中学校1年生と2年生の女生徒に三日間で4回、聖書の話をさせていただきました。生徒のほとんどは、入学するまで聖書に触れたことのない女の子たちです。集会が終わると、全員が「振り返り用紙」なるものに、メッセージで受け止めたことを記入します。、200人分に毎回、目を通すのは、容易ではありませんが、彼女たちが自分の言葉で、聖書と向き合って感じたことを伝えてくれたことは、本当に大きな励ましとなりました。
 ミッションスクールの先生方との交わりも楽しく、また、ミッションスクールの尊い使命を再確認することができました。このような機会を頂き、本当に感謝します。

       わさび田
              美しい伊豆のわさび田

 余談ですが、私は作家・井上靖の大ファンで、キャンプの会場は、作品の舞台としてよく出てくる天城湯ヶ島でした。死ぬまでには訪ねたいと熱望していた地でしたので、夢を叶えていただきました。
 帰りに、井上靖文学館に立ち寄りましたが、そこで拝聴した井上靖先生の言葉、『読者からの手紙や葉書が、毎日、私に届きます。その中で一番、純真な読者は中学生。だいたいが女の子。もちろん、年齢相応の拙さがあるけれど、私の作品を精一杯受け止めて、感じたことを伝えてくれる。これが、作家としての私の支えとなります。』なんだか、数時間前に、同じような経験をしたなぁ、と嬉しい気持ちになりながら帰路に着きました。

スポンサーサイト