日本伝道福音教団 新潟聖書教会

新潟聖書教会 ブログ

 今日は三月最後の第五日曜日でした。第五日曜日は、福音書からメッセージをすることにしていますが、続けてきた黙示録の講解説教が、あと一回となっていたので、最後のパートを語らせていただきました。
 約二年間かけて、ヨハネの黙示録を学んできました。初めは不安が大きかったのですが、結果的にはとても良かったと思っています。難解と言われる黙示録からメッセージを続けたら、だんだん聞く人がいなくなってしまうのではないかと余計な心配をしましたが、逆に礼拝に来る方はだんだん増えてきました。ヨハネの黙示録の神の言葉としての力を改めて感じました。
 こんな風に長期的にヨハネの黙示録からメッセージをする機会は、もうないかもしれませんが、わたしにとっても、有意義な時間となりました。
 ヨハネの黙示録の講解説教は終わりましたが、ここに書かれている希望の終末が始まることを、これからも持てる力の限り伝えていきたいと思います。

     第五日曜
     約二年間かけてヨハネの黙示録の講解説教を終えました

スポンサーサイト